30歳の過敏性早漏の治療薬ダポキセチン

瓶に詰められたハートラベルの錠剤30歳の男性は男性ホルモンの分泌量も多いので、一般的には満足の行くセックスをしている年代ですが、男性にも更年期障害があるとされていて、30歳を過ぎた頃からホルモンバランスが乱れて気分が落ち込んだり、不安な気持ちになるなどの症状が出ます。
過敏性早漏はストレスなどが原因でセックスによる刺激に過剰に反応することで起きる病気で、30歳で過敏性早漏になった場合には、短期間で改善できるので、リラックスをしてセックスをしたり、少量のアルコールを飲んでからセックスをするだけでも完治する場合があります。
過敏性早漏が治らない場合にはダポキセチンを服用する必要がありますが、内服薬なので、タイミングを考えて服用しなければならないので、セックスの時に亀頭に塗るだけのクリームタイプの薬も人気になっています。
ダポキセチンはSSRIの薬なので、脳に作用して興奮状態を抑制します。これによって強い興奮が抑えられるので、射精までに長い時間が必要になります。
ダポキセチンはSSRIの副作用を利用している薬なので、一般の人にとっては射精障害ですが、早漏の男性が服用すると正常なセックスが可能になる場合もあります。
ダポキセチンはバイアグラなどの勃起改善薬と一緒に服用すると勃起を維持しながら射精までの時間を延ばせるので世界中で利用されているのですが、SSRIは興奮を抑制するので性欲が低下する場合もあるので使用する場合にはマニュアルを読んで使用上の注意を守らなければなりません。
早漏は根本的に治療をするためには認知行動療法をする必要がありますが、何度もセックスをして自信をつけることで早漏の症状が改善することもあるので、思春期の若い男性などは女性の扱いに慣れることで早漏も自然に完治します。